Recruit2021

2021採用サイト|株式会社ソフィア総合研究所

Corporate site
真に価値ある成長は突然現れる

今回インタビューした服部さんは、インターンシップ参加が初ということで非常に多くのことを学んだそうです。
彼自身インターンシップ参加の目標を達成できたそうですが、一番価値のある学びは予期せぬタイミングで得られたそうです。

服部想さん
所属:工学部2年生

インタビュアー佐藤真衣
カメラマン 佐藤真衣

Pick Up!

Q.なぜインターンシップに参加したのですか?
A.自分の人生設計に役立つと思ったからです。その企業で行われているコンサルテーションのノウハウを学び、キャリア設計において何が大切かを学びに来ました。

Q.なぜソフィア総合研究所を選びましたか?
A.情報発信をするうえで重要なことを知りたかったからです。情報をもらうだけの立場から与える立場へ成長したいと思いました。

Q.活動の前と後でITのイメージはどう変わりましたか?
A.パソコンを前に1人で孤独に作業するイメージでしたが、インターンシップに参加してみて、IT業界は多くのコミュニケーションのもと成り立っているとわかりました。

Q.インターンシップ活動の際の目標は何ですか?
A.仲間との連携をおろそかにしないことです。僕はグループワークを一人でやってしまうことが多いのですが、社会において価値を生み出すには一人一人の連携が必須だと思ったからです。

Q.インターンシップで大変だったことは何ですか?
A.仕事を時間内に終わらせることです。自分のプランの見積もりの甘さを実感しました。

インターンシップの目的は達成できましたか?

 はい。ソフィアのコンサルテーションのノウハウを聞いて分かったことは、まずは自分の気持ちを優先しているということです。僕も自身のキャリアを考えるにあたり、自分の気持ちをまず大切にしようと思いました。
 そして、Webデザインの構成で心がけていることを聞いて分かったことは、伝えたいことの軸を決めることが必要だということです。散漫としている情報を伝える際はメインとなる情報に枝葉として付け加えていくことがポイントだとわかりました。

社員の皆さんにインタビューしてみて新たに分かったことは何ですか?

ITの業界でも人間関係がとても大事だということです。ビジネスにおいての関係は会社を介したものになるので、いかに信頼を勝ち得るかがキーとなることを学びました。

インターンシップを通して力が付いたことは何ですか?

 コンサルテーション、情報発信の知識が付いたこともそうですが、1番はプレゼンテーション力がついたことです。自分の意見に具体性と根拠を明確に伝えるというのがとても難しく、発信する際、それを常に考えられるようになったのは成長です。

インターンシップの経験を今後に生かしたいことは何ですか?

 物事を完遂させるためにその都度プランを練り直し、臨機応変に対応していくことが大切だとわかりました。僕は当初の計画や予定にこだわりすぎて、結局何もできなかったということがよくあります。これから自分とは違う人たちと常に移り変わる社会で仕事をしていくことになるので、現状をチェックし、それに応じた最適な方法を考えていこうと思います。

成長は人それぞれ!

 社員さんにインタビューして分かったことは、社員の皆さんも日々成長しているということです。新たな人間関係を育み、キャリアステータスが上がるにつれて、大きな責任が伴い、任されることへ、やりがいを感じるようになった方、マイナスをプラスに変えることを考え、苦手なことから逃げるのではなく、新しいことに挑戦していくようになった方、人それぞれ成長の形があり、聞いていてとても興味深いと感じました。

成長は思いがけないところで…

 今回インターンシップに参加して強く思ったことは、自分が一番成長したことが当初の目的である「人生設計、情報発信の仕方を学ぶ」を達成したことではなく、その過程において仕事を時間内に終わらせるには「どう計画を立て実行するかをその都度考えるようになったこと」です。僕の場合、本当に学んでよかったことは目的を達成する道中の思いがけないタイミングで得られました。まったく予期せぬ新たな発見がインターンシップにはあり、不思議で充実感のある体験ができました。