Recruit2021

2021採用サイト|株式会社ソフィア総合研究所

Corporate site
ウェルカムトゥー社会!彼の発見とは!?

私たちは、「比較」をメインにインタビューしました。
入社してからと、学生時代とを「比較」しての成長について聞こうを思います。

山田泰地さん
仕事内容:プログラマー

インタビュアー 佐野亮太
カメラマン   塚本恋

Pick Up!

Q.IT業界に入って驚いたことは?
A.パソコンと向き合うだけの毎日ではなくて、コミュニケーションの力が求められていることです。

Q.「伝える」際の失敗はありますか?
A.質問したときに期待した答えが返ってこないことです。そのため、答えやすい質問を考えるようにしています。

Q.「伝える」ことで大切だと思うことは?
A.話の要点を見つけてまとめることだと思います。

Q.学生時代の経験で役に立ったことは?
A.専門の知識だけでなく、普段の授業の取り組みです。インターンシップや面接もオススメです。

IT業界に関して学生時代とのイメージの違いはありましたか?

IT業界はパソコンと向き合い続ける毎日だと思っていました。ですが、分からないことがあれば人に尋ねることが当たり前で、一つの成果物を皆で作るために協力する必要がありました。伝える能力は自分の想像以上に求められていると感じました。

仕事で人に「伝える」際の失敗はありますか?

質問した際に期待した答えが返ってこないことがありました。そのため、自分の言葉がどのように受け取られるのかを考えて、答えやすさに注意して質問しています。その際、主観での見落としを防ぐことを意識しています。

「伝える」ことで大切だと思うことは何ですか?

要点をまとめることだと考えています。以前、伝言を任されたときうまく内容をまとめられず、言われたままに全てをメモに取ってしまったことがありました。伝言の要点さえ見つけられればメモを取る時間を短くし、もっと上手く伝えることができました。その経験から、「伝える」とは要点をまとめることだと考えています。

学生時代の経験で役に立ったことはありますか?

専門として習ったことだけではなく、授業での話す・聞く取り組みが役に立っています。学生のときは学生同士の話し合いがある授業を受けると良いと思います。インターンシップや面接を受けて、反省と実践を繰り返すたびに成長できたのでオススメです。